忍者ブログ
当サイトはHTML5+css3で作成されており、Internet Explorerでは正しく表示されません。
firefoxOperaの 使用をお勧めします。

家庭菜園ブログ in 北海道

自宅の庭やベランダ、プランターでの菜園、ガーデニングの様子を書いています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017年 09月 20日|comment(-)

アイヌネギ続報(行者ニンニク)

12時現在の気温は+10度!(゚A゚)
暖かい━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!
で、今週のアイヌネギ(行者ニンニク)は御覧の通り。続々と芽が出ています。

家庭菜園 行者ニンニク
(画像をクリックすれば大きなサイズで見られます)

家庭菜園 行者ニンニク
(画像をクリックすればかなり大きなサイズで見られます)

比較対象が無いと分かりづらいので、タバコを配置してみました。
大きなものでも、まだタバコと同じくらいの太さですから、収穫はまだまだ先です。
この程度の小さなものの方が味が凝縮されていて美味い! と聞いた事がありますが、
この大きさに育つのに3~4年かかるわけですから、それを小さなうちに食べてしまうなんて、贅沢というか・・・なんだかもったいない気がしますね。

ココから続き

ギョウジャニンニク
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ギョウジャニンニク(行者葫)(Allium victorialis L. var. platyphyllum (Hultén) Makino)とは、ユリ科ネギ属の多年草。主に水湿地に生育し、強臭を放つ。地下にラッキョウに似た鱗茎をもち、葉は根生、扁平で下部は狭いさやとなる。夏、花茎の頂端に、白色または淡紫色の小花を多数つける。葉茎を主に食用として用いるが、生育速度が遅く、収穫期に達するまで数年を要する。古名、アララギ。

ギョウジャニンニクという名前の由来は、山にこもる修験道の行者が食べたことからとも、逆にこれを食べると滋養がつきすぎて修行にならないため、食べることを禁じられたからとも言われている。ヒトビロ、キトピロ、ヒトビル、ヤマビルまたはヤマニンニクなどの別名がある。おおよそ、5月上旬から中旬頃の山菜として知られており、しょうゆ漬けにして保存したり、生のままやおひたし、卵焼きに混ぜるなどして食べる。まだ葉の開かない状態のものが、味香り共に濃く珍重される。

北海道では、アイヌ民族が古来から料理や政(まつりごと)、薬として用いていたことからアイヌネギ(アイヌ語:プクサ)と呼んで親しんできたが、アイヌネギの呼称はアイヌ差別にあたると主張する意見が聞かれたことから、正式名であるギョウジャニンニクもしくはヒトビロと呼ばれることが多くなった。現在では、アイヌネギの呼び方に差別的な意図はないとされているので、マスメディアなどでもアイヌネギとして紹介されることがある。

本州中部では亜高山地帯の針葉樹林に群生しており、そのほとんどの繁殖地が自然保護区であるため採取が禁じられている。また、播種から収穫までの生育期間が5年から7年と非常に長いことから、希少な山菜とされ、市場に出回っているものは少量にも関わらず高値で取引される傾向にある。

ニンニク同様、アリシンを豊富に含んでおり、抗菌作用やビタミンB1活性を持続させる効果があり、血小板凝集阻害活性のあるチオエーテル類も含むため、血圧の安定、視力の衰えを抑制する効果がある。 ニンニクの成分に近いためか、食べたときの風味もニンニクに近く、独特の臭いを持つ。

西洋でもラムソンズ(ワイルドガーリック又はベアラウフ・熊ネギ)と呼ばれる野生種の植物を食べる習慣があり、形や香りがよく似ていることから、これらをギョウジャニンニクとして紹介する場合がある。しかし、ラムソンズの学術名は「Allium Ursinum」で、ギョウジャニンニクと同じくユリ科ネギ属の植物だが、正確に分類すると別種である。

類似毒草の注意

観賞用としても栽培されているイヌサフランやスズランは毒草だが、葉がギョウジャニンニクと似ている。誤って食べないように注意していただきたい。

wiki|http://ja.wikipedia.org/wiki/ギョウジャニンニク
PR

コメント

Commentを書く

name
URL
Subject
Comment
pass     非公開(管理人のみ閲覧可)にする
↑page top↑