忍者ブログ
当サイトはHTML5+css3で作成されており、Internet Explorerでは正しく表示されません。
firefoxOperaの 使用をお勧めします。

家庭菜園ブログ in 北海道

自宅の庭やベランダ、プランターでの菜園、ガーデニングの様子を書いています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017年 10月 20日|comment(-)

アイヌネギとスズラン

はい、今日もアイヌネギです(笑)

アイヌネギ ギョウジャニンニク

今日のアイヌネギは御覧の通り。
内地 (本州の事です) では、すでに花も終え枯れ始めているようですが、
こちらは、やっと蕾の茎が伸び始めた状態です。


で、今日の話題は 「アイヌネギ (行者ニンニク) とスズランの見分け方」 です。
まずは下の写真を御覧下さい。

スズラン

コレは我が家の庭にあるスズランです。
ん~確かに、こうして見ると、赤茶色の茎と、そこから伸びる緑の葉っぱがよく似ていますね。
自然のアイヌネギを見た事が無い方なら、間違っても無理はないかもしれません。
では以下の写真ではどうでしょうか?

アイヌネギ 行者ニンニク
アイヌネギ (クリックして大きな画像で御覧下さい)

スズラン
スズラン (クリックして大きな画像で御覧下さい)

アイヌネギと比べて、スズランの葉の部分はかなり尖っていますね。
こうして比べて見ると、かなり違う事が分かります。

続いて、葉が開き始めたスズランの様子です。

スズラン
スズラン (横)

スズラン
スズラン (上)

コレはもう明らかに違いますね。
アイヌネギの葉は 「ハリセン」 の様に折りたたまれた状態で茎内に収まっているのに対し、
スズランはクルクルっと巻かれた状態で収まっているため、葉の開き方がまるで違います。

今年は、すでにアイヌネギ狩りのシーズンは終わってしまいましたが、来年以降 「アイヌネギ狩りをするぞ」 と思っている方の参考になればイイなと思って書いてみました。

どうしても区別が付きにくい場合は、臭いを嗅いでください。
小さな芽でもアイヌネギは強力なニンニク臭がしますから、一発で見分けが付きます(笑)

ちなみに、この記事内のスズランの写真は、全て今日 (5月21日) 撮ったものです。
一方のアイヌネギの写真は、4月上旬~中旬の頃の写真です。
つまり、アイヌネギの方が遥かに早く芽を出して、成長するんですね。
ですから、アイヌネギ狩りに行って、間違ってスズランを取って来る確率は低いと思いますが・・・
場所によって変わってくる可能性もありますから、一応、参考までにって事で。

アイヌネギ
アイヌネギ (クリックして大きな画像で御覧下さい)

最後にもう一度。
コレがアイヌネギ (行者ニンニク) の芽ですよ。
PR

コメント

Commentを書く

name
URL
Subject
Comment
pass     非公開(管理人のみ閲覧可)にする
↑page top↑