忍者ブログ
当サイトはHTML5+css3で作成されており、Internet Explorerでは正しく表示されません。
firefoxOperaの 使用をお勧めします。

家庭菜園ブログ in 北海道

自宅の庭やベランダ、プランターでの菜園、ガーデニングの様子を書いています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017年 12月 13日|comment(-)

また日本ダービーの話

今日も釧路は快晴。暖かいっすな~。

ガーデニング チューリップ ガーデニング チューリップ ガーデニング チューリップ

で、今朝の花壇の様子。
この暖かさで、チューリップが続々と開花し始めました。
早く全部咲いてくれないかな~( ´∀`)

それはともかく、再びダービー予想です。
ココから続き
火曜日の時点では
・1・2着は、ヴィクトリー、フサイチホウオーの2頭で固定
・3着以下は手広く
という結論でしたが、現在の気持ちは若干フサイチホウオーに傾きつつあります。

ですが、仮にフサイチホウオー(差し・追込)を1着と予想した場合、ヴィクトリー(逃げ・先行)を2着にしてよいのだろうか? という疑念がフツフツと湧いてきました。

前回は、ヴィクトリー、フサイチホウオーは、実績・距離適正・血統等から判断して 「出走メンバーの中では抜けた存在だろう」 という前提で考えていましたが、ホントにそうなのだろうか?
また、抜けた存在であったとしても、そのままスンナリと決まるだろうか?

ダービーは3歳の頂点を決めるレースと言われていますが、野球に例えるなら高校野球のような存在です。
予想しようにも未知数な部分が多いため、自然と過去のダービーが頭をよぎります。


パターン1 【実績馬同士で決着 第68回 日本ダービー】
今回のダービーで1番人気になりそうなフサイチホウオーの父、ジャングルポケットが優勝。
息子同様、皐月賞では追い込み届かず3着も、直線の長い東京コースに変わり見事に差し切り。
2着には、皐月賞2着のダンツフレーム(先行)が入り、実力馬同士で決着した。
皐月賞勝ち馬アグネスタキオンは、故障でダービーに出走することなく引退。
※今回に当てはめると・・・フサイチ・ヴィクトリーで1・2フィニッシュ。

パターン2 【追い込み馬で決まる 第65回 日本ダービー】
皐月賞では追い込み届かず3着に甘んじたスペシャルウィークが、2着に5馬身差をつける圧勝。
2着には、人気薄の追い込み馬ボールドエンペラーが入り万馬券(馬連)。
皐月賞2着のキングヘイロー(先行)は、かかって逃げる形になり惨敗。
皐月賞勝ち馬セイウンスカイ(逃げ・先行)は、キングヘイローの逃げにペースを狂わされ4着。
※今回に当てはめると・・・フサイチが勝つも、ヴィクトリーは3着以下。

パターン3 【逃げ馬が勝つ 第64回 日本ダービー】
勝ったのは、ヴィクトリーと同じブライアンズタイムを父に持つ、皐月賞馬サニーブライアン。
皐月賞を逃げ切ったのをフロック視され、6番人気の低評価ながらも、再び逃げ切って二冠達成。
皐月賞に続いて1番人気に押されたメジロブライトは、今回も追い込み届かず3着(皐月賞は4着)。
2着には、後に有馬記念を勝つ事になるシルクジャスティス(追込)が入った。
※今回に当てはめると・・・ヴィクトリー逃げ切りで、フサイチは追い込み届かず2・3着。


今回のダービーはどのパターンになるんでしょうかね?
もう少し検討してみたいと思います(笑)
PR

コメント

Commentを書く

name
URL
Subject
Comment
pass     非公開(管理人のみ閲覧可)にする
↑page top↑